サッカー関連書籍をよんででさらにテクニックを磨く
サッカー選手のDVDを見てさらにレベルアップ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
サッカー関連書籍をよんででさらにテクニックを磨く
サッカー選手のDVDを見てさらにレベルアップ

第43回 「パオロ・マルディーニ ミランの誇り動画」
第回43回はマルディーニさんです。

パオロ・マルディーニ

パオロ・マルディーニ(Paolo Maldini、1968年6月26日 - )
イタリア・ミラノ出身のサッカー選手。ACミラン所属。

イタリア1部リーグセリエAのACミランの主将であり、元イタリア代表選手(ワールドカップ・日韓大会後に代表引退を表明)。イタリア代表でもキャプテンをつとめた。父は息子と同じくACミランのキャプテンであり、1962-63シーズンのUEFAチャンピオンズカップを優勝するなどし、イタリア代表監督も経験したチェーザレ・マルディーニである。また、フランコ・バレージの引退後は彼のキャプテンシーを継承している。

16歳の若さでセリエAにデビューしたのち、以降20年以上もなお一線級でプレイし続ける驚異的な存在であり、イタリア代表でも史上最多の126というキャップ数を記録した他、2004年にセリエA単一クラブ最多出場記録を更新。2005年にはディノ・ゾフが持っていたセリエA最多出場記録570試合を更新している。2007年2月20日にはチャンピオンズリーグの対セルティック戦においてチャンピオンズリーグ通算100試合出場を達成、更に同年3月11日には史上初となるセリエAのリーグ通算600試合出場を達成した。奇しくもこの日の試合はライバル、インテル・ミラノとのミラノ・ダービーであったが白星を飾ることはできなかった。2008年2月16日、セリエA第23節のパルマ戦に途中出場しクラブ、U-21代表、A代表での公式戦現役合計出場1000試合を達成した。

ミランのバンディエラ(旗手)として絶大な人気を誇っている。果敢な攻撃参加、1対1での強さ、状況判断の良さ、優れた戦術理解能力で、10年近く世界最高の左サイドバックの座を守り続けた。彼のプロとしての振る舞いやフェアプレー精神はミラニスタ[1]はもとより、同じミラノのライバルのインテリスタ[2]からも深く尊敬されるほど。往年のインテルの名選手、ジャチント・ファッケッティは生前「彼(マルディーニ)のプレーは、世界中のサッカー選手を目指す若者の手本となっている。しかし彼の唯一の欠点は、彼がミランの選手であったことだ」と評した。

代表試合でのタイトルや個人的な賞の獲得はないが、世界でもっとも偉大な現役選手の一人であり、彼がACミランでつけている背番号3は、2005年10月18日にチェーザレ、パオロに続く親子3代のACミラン入りとなった長男クリスティアン・マルディーニ(Christian Maldini, 1996年6月14日 - )が引き継がない限り、フランコ・バレージのつけていた背番号6と同様永久欠番になる事が既に決定されている。

長年一線級で活躍し、一時代を築いてきた彼は進退に対して注目されることも多かった。 とはいえ、セリエAはもとより世界に於いてトップクラスの資質を保ち続けたこと、平均年齢が高齢化したミランのディフェンダー陣再構築が遅々として進んでいなかったこと、また精神的支柱としての立場を考慮し、シルヴィオ・ベルルスコーニ会長らクラブ首脳陣は慰留を続けた。

度重なる膝の怪我に悩まされ、2004年には引退をほのめかしたことがある。サイドバックとしてのスピードの衰えを指摘された彼は、本格的にセンターバックにポジションを変え、代表チームを引退し「2足の草鞋」を脱いでクラブでのプレーに専念することで、再び世界トップレベルのDFとして復活した。

また、左膝の怪我や故障から、アレッサンドロ・コスタクルタと共に2007年7月末の契約満了をもって現役引退を示唆したシーズンには、チャンピオンズリーグ 2006-07の決勝で優勝を決めた後「今度はクラブW杯をとりたい。」と語り、翌シーズンもプレーする意思を表明した。膝の怪我を手術した影響で2007-08シーズンは出場機会が限定されたものの、FIFAクラブワールドカップ2007では長年のキャリアで数々の栄光を勝ち取った本職の左サイドバックとして準決勝に途中出場、決勝でもフル出場し、見事優勝を勝ち取った。 その後も契約を延長し、40歳を迎えてなおもプレーする姿はファンはもとより選手の間からも尊敬を集めている。

コスタクルタとはユース時代からの友人でミラノ市内にレストランバーとディスコを共同経営している。
しばしば練習中に大音量で音楽を流し、その際にコスタクルタから怒られたことがある。
長く現役生活を続ける秘訣を記者に訊かれて「自分自身の楽天的な性格かな」と答えたりと、お茶目な一面もある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』  最終更新 2008年11月11日 (火) 14:01
●ACミランの誇り動画



サッカー動画はこちら⇒人気ブログランキング
スポンサーサイト
2009-02-15 16:16 | ハ行 | Comment(3) | Trackback(0)
サッカー関連書籍をよんででさらにテクニックを磨く
サッカー選手のDVDを見てさらにレベルアップ

第42回 「ファビオ・カンナバーロ 相手にしたくない動画」
第42回はファビオ・カンナバーロです。

ファビオ・カンナバーロ

ファビオ・カンナヴァーロ(Fabio Cannavaro, 1973年9月13日 - )
イタリア・ナポリ出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー(センターバック)。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。 イタリア代表では、パオロ・マルディーニの代表引退後、キャプテンの座を引き継いだ。

2006年ワールドカップ・ドイツ大会、優勝したアズーリ(イタリア代表)の中で最も輝いた存在。 誰もが認める世界最高のディフェンスリーダーである。当年のバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)、イタリアサッカー協会MVP、およびFIFA最優秀選手賞にも選ばれた。

センターバックとしては小柄だが、ジャンプ力、フィジカル等の身体能力を高いレベルで併せ持つ。

危機察知能力に長け、インターセプト、カバーリングや相手選手へのマーキングを得意とするほか、ディフェンスラインをコントロールする統率力にも優れる。特にインターセプトに関しては世界最高とも言われるほどの正確さと大胆さを誇っている。 フォアチェックの速さも特筆すべきもので、辛辣なイタリアのサッカー関係者からも評価は高い。激しくも熱いそのプレースタイルでの素晴らしいディフェンスはもちろん、自らをもって味方を鼓舞する最終ラインにおけるリーダーの理想像である。

サイドでの長期に渡る攻防にはややスピード不足を露呈する事があるが、自らその場面を作らせることはほとんどない。

ナポリのユース時代、トップチームの紅白戦に参加した際マラドーナに激しいプレーを行い、場の空気を凍りつかせた。しかしマラドーナ本人からは「いいぞ坊主、その意気だ」と逆に褒められた逸話を持つ。
実弟のパオロ・カンナヴァーロもサッカー選手であり、2000年からインテルに移籍する2002年までパルマで共にプレーした。2008年の「あと2年でキャリアを終えたいと思っているが、最後はナポリでプレーしたい。」という発言から、本人はキャリアの最後をナポリで終えたいと思っているようだ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 2009年2月11日 (水) 00:33

●止めすぎ動画



サッカー動画はこちら⇒人気ブログランキング
2009-02-11 15:17 | カ行 | Comment(0) | Trackback(0)
サッカー関連書籍をよんででさらにテクニックを磨く
サッカー選手のDVDを見てさらにレベルアップ

第41回 「パベル・ネドベド スーパープレイ動画」
第41回はネドベドさんです。

バロンドールも獲りました。

ネドベド

パベル・ネドベド(Pavel Nedvěd、1972年8月30日 - )
チェコ出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。オフェンシブなポジションでの出場が多い。日本語表記はパヴェル・ネドヴェドと書かれる場合もある。イタリア1部リーグのセリエAのユヴェントスに2001年から所属している。

心臓が複数個あると形容されるほど超人的なスタミナを持ち、延長戦などにおいても試合開始直後と変らない運動量を維持し、攻守全ての場面に姿を見せる。ミドルレンジからの強烈なシュートも魅力の一つであり、チェコの大砲と呼ばれる。また、威力だけではなく正確性も高く、左右どちらの足で撃っても精度、威力ともに全く差が無い。これは少年時代からの猛練習で身につけたと回想している。

元々はセンターハーフのポジションでプレーしていた。そのためチェコ代表デビューから暫くは、背番号が4だった。しかし、徐々に攻撃的なポジションに移動し、現在は主に左サイド、トップ下という攻撃的な2列目をメインにプレーしている。

接触プレー時にたびたび大げさに倒れるので非難されることがある。

パトリック・ベルガー、トマーシュ・ジェプカとは犬猿の仲で、このために二人は早期に代表引退している。カレル・ポボルスキーとは親友である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 最終更新 2009年2月5日 (木)

●スーパープレイ動画



サッカー動画はこちら⇒人気ブログランキング
2009-02-11 15:04 | ナ行 | Comment(0) | Trackback(1)
<Prev
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。